相続の分割が終わっても気は抜かない

遺産相続が始まり、それぞれに協議の結果合意があればその後相続の分割となります。

遺産分割が終わったからといえども気を抜いてはならない

実際の相続の分割が行われればあとは何も心配することはなく、これで安心だと思ってしまう人がほとんどですが、分割が終わっても気を抜いてはいけません。
これはなぜかというと、分割が終わればその後相続税の決定と支払いが待っていることが一つ。
さらに、分割の後になって被相続人の生前の車決まり方などという場合があります。
相続税に関しては分割する前の段階である程度計算することができますが、建築物等が相続の対象となっている場合、鑑定すると思った以上に対象となる相続税が高くなるようなケースもあります。

被相続人に借金がある場合は相続人で返済しなければならない

また分割が終わった後で被相続人の借金が発覚したなどという場合には、こうした借金の返済についても単純承認をした相続人が背負わなくてはなりません。
何らかの事情によって相続人が未成年であった場合や、自分の判断で相続税の支払いをすることができないようなケース(認知症など)には相続を受けた人すべてが連帯責任を負い、しっかりと相続税を支払っていかなくてはなりません。
万が一相続人の中にいつまでも相続税を支払わない人物がいたりすると、自分が支払うべき相続税を支払ったにもかかわらず、さらに他の相続税を支払わなければならないので、納税が終了するまで安心することはできないと言っても良いでしょう。

また住宅などが相続の分割対象になっており、複数人で一つの住宅を相続した場合には自分の持分のみを自身のローンの担保に入れてしまったりすることも考えられるので、こうなると、後になって大きなトラブルとなります。