相続放棄するメリットとデメリット

相続問題に巻き込まれたくないという場合や、特に財産は欲しくないといった場合、相続放棄をすることができますが、ここでのメリットとデメリットについて考えなければなりません。

相続放棄のメリットは相続問題に巻き込まれる心配がなくなること

相続放棄をする上でのメリットは上記のように相続問題に巻き込まれる心配がなく、面倒にならないという点や、相続税を支払う必要がないことなどが代表的です。
また被相続人が借金をしていた場合も、相続放棄をすることで借金を返済する義務もありませんからメリットとなります。

相続放棄のデメリットは遺産を分けてもらうことはできなくなること

一方でデメリットを考えてみると、遺産がないと思ってたら、後になって多額の預貯金が見つかったなどと言う場合、ここでやっぱり遺産を分けて欲しいと言ったところで一度相続放棄をしてしまえば、相続を受けることができなくなります。
また相続する対象物が預貯金などではなく、住宅や土地の場合にはその住宅が自分の持ち物になることはなく、他の親族の持ち物になるので、場合によっては今まで住んでいた家を追い出されてしまうようなこともあります。
被相続人を含め兄弟で同居し、被相続人の亡きあと、自分が相続放棄をして兄妹が相続登記をするなどの場合、相続登記終了後、家の持ち主は兄妹になるため、同居を断られてしまえば出て行くしかなくなってしまいます。

まとめ

相続放棄にはメリットとデメリットのどちらも存在し、単純に放棄をするからといって楽になるという考えや、面倒に巻き込まれなくて済むなどと言う考えだけでは、安易に行わない方が良いでしょう。
残されている遺産や状況に応じて遺産相続をするメリットとデメリットを十分に考え最終的な決断をしましょう。
相続放棄は簡単に覆すことができないので、様々な角度から考えた上で決めなければなりません。